2022 08 04 sekisui1 積水化学工業は、西日本旅客鉄道JR西日本)が開業を目指す「うめきた(大阪)駅」にフィルム型ペロブスカイト太陽電池を提供、設置する。
 フィルム型
ペロブスカイト太陽電池は、ペロブスカイトと呼ばれる結晶構造を用いた次世代太陽電池軽量で柔軟といを持ちビルの壁面や耐荷重の小さい屋根、あるいは車体などの曲面といった、さまざまな場所に設置が可能。また、塗布などによる連続生産が可能であることレアメタルを必要としないことなど、既存のシリコン太陽電池の生産面での課題も解決が見込まれる再生可能エネルギーの普及拡大を加速させ、カーボンニュートラルの実現に大きく貢献することが期待されている
 積水化学工業
は、独自技術である「封止、成膜、材料、プロセス技術」により、業界に先駆けて屋外耐久性10年相当を確認し30cm幅のロール・ツー・ロール製造プロセスを構築した。さらに、同製造プロセスによる発電効率15.0%のフィルム型ペロブスカイト太陽電池の製造に成功している。現在は、実用化に向けて、1m幅での製造プロセスの確立、耐久性や発電効率のさらなる向上を目指し、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDOのグリーンイノベーション基金も活用して開発を加速させている
2022 08 04 sekisui2

2022 08 04 sekisui3 JR西日本は、さまざまなパートナーと共創するフィールドとして、2025年に全面開業する「うめきた(大阪)駅」にJR WEST LABOというオープンイノベーションの実験場を開設する。最先端の技術を社会に発信しつづけ、新たな価値の創造、社会課題や経営課題の解決による持続可能な社会の実現を目指している。
※JR WEST LABO
の概要:https://www.westjr.co.jp/press/article/items/220316_01_LABO.pdf
 JR西日本は、“お客様と共に創る環境にやさしい eco ステーション”をテーマとした「うめきた(大阪)駅」広場部分にフィルム型ペロブスカイト太陽電池を設置する。JR西日本初の電力由来 CO2ゼロの駅の実現に向けてJR WEST LABO」のパートナーとして共創する。同社として初めての一般共用施設への設置であり、日照や発電量を計測する実証実験も同時に行う。*関係者協議により今後変更になる可能性がある。資料提供 JR西日本
 JR西日本は、長期ビジョン「Vision 2030」において、「Innovation for the Earth」をビジョンステートメントとして掲げ、イノベーションにより「サステナブルな社会の実現に向けて、LIFE の基盤を支え、“未来につづく安心”を創造していく」ことを宣言している。フィルム型ペロブスカイト太陽電池などの社会課題解決に貢献するイノベーションを生み出し、JR WEST LABOのように他企業との連携により、その社会実装を推進していく。