住友化学は、今年で7年目となる持続可能な社会の実現に向けた取り組み「Sumika Sustainable Solutions(スミカ・サステナブル・ソリューション、以下「SSS:トリプルエス」において、新たに10の製品・技術を認定した。これにより、認定製品・技術数は計66上り、売上収益は前中期経営計画で設定した目標額(5600億円)を達成し、約6210億円(2021年度)となった。

2022 08 04 sumitomo

 今回認定された主な製品は、従来のアルミニウムからの代替で、軽量化による自動車走行時および製造時の温室効果ガス(GHG)排出量削減に寄与する自動車用ガラス繊維強化ポリプロピレン(PPTHERMOFIL HP®)、水銀を使用せず、かつ従来品と比較して消費電力が少ないレーザー光源プロジェクタ用GaN基板、また、バナナ栽培時の殺虫剤噴霧が不要となる殺虫成分が練り込まれたバッグ(TotalFlex ®0.4)など。各製品・技術が、「つくる責任 つかう責任」といったSDGsの各目標に紐づけられ、それぞれの分野におけるSDGsへの貢献が期待される。
 住友化学は、
16年から、温暖化対策や環境負荷低減などに貢献する同社グループの製品・技術を複数の外部有識者による検証の上、SSSとして自社で認定する取り組みを行ってきた。また、認定製品・技術の開発や普及を促進するため、売上収益をKPIとして進捗をモニタリングするとともに、認定取得をはじめとする社会価値創出への貢献を社員の功績表彰制度の評価項目のひとつとしている。なお、SSSの今後の売上収益目標については、新中期経営計画(2224年度)の最終年度までに7,000億円、30年度までに21年度比倍増の12000億円と設定している。
 住友化学は総合化学メーカーとしてこれまで培ってきた多様な技術を生かし、引き続きグループを挙げて、持続可能な社会の実現に貢献するソリューションの創出に取り組んでいく。