キヤノンマーケティングジャパン(株)(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノMJ)は、小企業から大企業までを対象に業種、業態あわせたトータルセキュリティソリューションを展開しており、近年、巧妙化・多様化する標的型攻撃やIoT機器からのサイバー攻撃などに対応するサポートを行っている。このたび、セキュリティ事業の強化に伴い、キヤノンMJグループが発信するセキュリティ対策に役立つ情報を集約した「ITセキュリティポータルサイト」を2月28日より公開する。
 近年、特定の企業や業種を狙い金銭や重要情報の不正取得を行う標的型攻撃やWebページの改ざん、IoT関連機器を狙い企業のサービスを停止させるDDoS攻撃などサイバー攻撃が巧妙かつ多様化している。2016年はIoT機器を狙うウイルス「ミライ」が世界中で猛威を振るい、日本国内でもサイバー攻撃関連の通信は1281億件※と過去最高となった。IoTやクラウドなどの普及に伴い、経営課題として情報セキュリティ対策の必要性を認識する企業が増加する一方、中堅や中小企業では何からセキュリティ対策に手をつけるべきか悩んでいる企業も多々ある。
 ITセキュリティポータルでは、今まで培ってきたセキュリティ対策のノウハウや最新の情報をわかりやすく解説している。全国各地で開催するセキュリティ関連のイベントやセミナー、キャンペーン情報に加え、キヤノンITSの「マルウエア情報局」が独自に収集した最新のセキュリティ情報を随時提供する。今後は、最新の技術や、企業規模別、業種別のソリューションの提案を含め、お客さまにとって役に立つセキュリティ情報を配信していく。
情報通信研究機構(NICT)による調査結果