三井化学(株)は、2017年4月3日付けで、タイのバンコクに「三井化学タイランド株式会社」を設立した。タイにおける三井化学グループの拠点として販社機能を付与し、更なるマーケティング力強化による事業の拡大を図る。
 タイは自動車並びに包装材料分野における東南アジアの重要な市場であり、同社の重点事業領域であるモビリティおよびフード&パッケージング事業にとって、特に重要な位置付けにある。また、タイはメガネレンズ材料など、ヘルスケア分野においても世界的主要企業の集積地であり、同社のもう1つの重点事業領域であるヘルスケア事業でも、事業拡大のポテンシャルがある。三井化学はこれまでにタイに6つの製造・販売拠点を有し、事業を展開してきた。重要市場であるタイに販社を構えることにより、地域に密着した営業活動を通して、タイでの事業展開の更なる強化と近隣諸国への拡販を図る。
<三井化学タイランドの概要>
社名 和名:三井化学タイランド株式会社、英名:Mitsui Chemicals (Thailand) Co., Ltd.
設立  2017年4月3日
資本金 1.5億バーツ(約4.8億円)
出資 三井化学株式会社100%
所在地 バンコク市内
社長 元島敏博
主な事業内容 三井化学製品の販売及びマーケティング
営業開始 2017年7月予定