リンテック(株)は環境負荷の低減に寄与する製品の開発・拡販に注力しており、その一環として植物由来の原料を利活用したバイオマス粘着剤使用ラベル素材のラインアップを拡充している。第1弾としてラベル素材の粘着剤層のバイオマス原料含有率10%を実現した4アイテム、第2弾として環境配慮型のエマルション系粘着剤を採用した2アイテム(同含有率10%)をラインアップしてきたが、今回、その第3弾として強粘着タイプの新アイテム(同含有率20%)を追加。7月1日から販売を開始する。
 新たにラインアップするのは、一般的なラベル素材では貼付しにくい低温環境や凹凸面への貼付に適した強粘着タイプのアイテム。
従来のバイオマスラベル素材と同様、(一社)日本有機資源協会が運営する「バイオマスマーク」の認定をラベル素材の粘着剤層として取得(認定番号:190025)。バイオマス度20%を実現し、化石資源の保護や二酸化炭素の削減に貢献する。冷凍・冷蔵食品や冷酒、ワイン、飲料缶の表示ラベルなどとして使える。
*バイオマス度:製品に含まれるバイオマス原料の含有率(乾燥重量割合)を示したもの