印刷用紙のコスト削減や軽量化、国内の更紙生産縮小による輸入紙の増加に伴い、チラシやコミックなどラフ更紙を使用した印刷時に紙剥け(印刷時に紙表面が毛羽立ち、剥離する現象)が増加し、またそれに起因するトラブル発生により生産性が低下しているという声が多く聞かれるようになった。
 東洋インキ(株)は、最大乳化率を上げることで用紙の表面強度低下を軽減し、低タック化により紙粉滞留を減少させた、更紙用紙剥け対策オフ輪インキ「WK T™ SOY KMT スミ」を開発した。さらに、新規カーボンを採用することで、従来品と比べ青味黒色感の向上を実現している。
 「WK T SOY KMT スミ」の特長は次の通り。
 超高乳化   :インキへの水の取り込み量を増加。余剰水を減少させ、用紙の表面強度低下を軽減している。
 超低タック化 :低タック、ロングフローにすることで版面への紙粉滞留が減少し、着肉が向上している。
 地汚れ耐性向上:添加剤のコントロールにより地汚れ耐性を強化している。
 黒色感向上  :新規カーボン採用により青味黒色感が向上している。