キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ(株)(以下、キヤノンITS)は、LuxFlux(本社:ドイツ ロイトリンゲン、CEO:Jan Makowski)と販売代理店契約を締結し、LuxFlux社製統合ハイパースペクトル画像処理ソフトウェアの提供を2019年12月上旬から開始する。
 産業界においてIoTやAIなどの技術革新を原動力として、顧客ニーズにあった製品が短期で開発、出荷されるようになった。一方で、高い品質の要求や生産現場の人手不足に対応するために、工場の自動化(FA)や作業の効率化などが必要とされている。特に製造ラインにおいては製品検査での高い技術が要求され、対象物が繊細で緻密な食品加工や半導体製造は出荷検査の工程に課題を多く抱えている。
 このような課題を解決するためキヤノンITSは、LuxFlux社製統合ハイパースペクトル画像処理ソフトウェアを提供開始する。同製品は、ハイパースペクトルイメージング(HSI)技術(※1)を中心としたデータ処理を行う汎用的な産業用ソフトウェアで、機械学習(AI)による解析・測定モデル開発ができ、製造ラインにおいて対象物の可視化、分類、測定が可能。
 従来、ハイパースペクトルイメージング技術は対象物の「分類」を中心に活用されていたが、LuxFlux社製統合ハイパースペクトル画像処理ソフトウェアは「分類」用途に加え、薄膜の厚さや、薬や食品など対象物の成分量を「測定」できるため、今まで難しいとされていた、半導体、フィルム・素材、FPDなどの製品検査で活用することができる。
SnapCrab NoName 2019 12 9 19 35 43 No 00
 ハイパースペクトルイメージング技術は、多数の波長を利用できるため従来のRGBカラーカメラで撮影するより多くの情報を取得可能で、さまざまな分析や研究用途に用いられてきた。 現在、日本のハイパースペクトルカメラ市場は大学・研究開発向けが中心で、産業向け市場は今後、世界を上回る年間20%以上の伸び(※2)が予測されている。ハイパースペクトルカメラから出力される膨大な情報を処理する汎用ソフトウェアの市場においても今後需要の高まりが予想される。
 キヤノンITSは、順調に成長を続けるマシンビジョンシステム(※3)市場に向けた製品ラインアップの強化に加えて、急成長が期待できるハイパースペクトル画像処理ソフトウェアを提供できるようになる。それにより「可視化」「分類」「測定」といった従来の可視光では不可能な用途に活用できるハイパースペクトルデータの産業利用・AI化の画像処理市場を創出し、本製品群の販売で2022年に売上1億円を目指す。
※1)紫外~可視~赤外の光の領域のうち、数十以上の波長から分光イメージングデータを得られるカメラ(ハイパースペクトルカメラ)及び、そのデータを解析する技術の総称
※2)出典:(株)富士経済調査「2018画像処理システム市場の現状と将来展望」
※3)マシンビジョンシステムは、産業用カメラ、産業用パソコン、画像入力ボード、画像処理ソフトウェア、さらにカメラと処理エンジンが一体型したスマートカメラなどが含まれる。