(株)株式会社ユポ・コーポレーションは、ラベル原紙用合成紙「ユポタック」シリーズの高機能品として「SGM 80」と「SDI 80」を発売した。
 「SGM 80」「SDI 80」は従来品の課題であった無機充填剤脱落によって生じる紙粉を低減。レタープレス、オフセット、フレキソ、グラビアといったコンベンショナル印刷機での印刷・印字適性を向上させている。また、それぞれ複数の産業用デジタル印刷機への適性を持ち、近年市場が拡大しているデジタル印刷の需要にも対応した製品。
<産業用デジタル印刷機適性を有する「SGM 80」>
 「SGM 80」は、コンベンショナル印刷適性の向上に加え、UVインクジェットやレーザープリンターといった産業用デジタル印刷機への適性を大幅に向上させたユポタック原紙。
特徴
・様々な印刷方式において、優れたインキ耐水密着・耐水擦過性がある。印刷時のニス工程削減が期待できる。
・UVインクジェット印刷時のにじみが非常に小さく、微細な文字の印刷にも適している。
・製品表面の耐熱性・トナー密着性を向上させたことで印刷時のカールを抑制。オフィスなどで一般的に使用されているレーザープリンター用タック原紙としての活用も期待できる。また、粘着加工品と特定のラベル用レーザープリンター※1との組み合わせで、海上輸送用ラベルに関する英国規格「BS5609」で最も厳しいセクション3の認証を取得。
用途展開
 従来のラベル用途はもちろん、更なる需要拡大が予想されるGHS※2ラベルや管理ラベルへの展開を想定している。
<HP Indigoデジタル印刷機に最適な「SDI 80」>
 「SDI 80」は、コンベンショナル印刷適性の向上に加え、HP Indigoデジタル印刷機の認証を取得したユポタック原紙。
特徴
・プレコーティング無しで印刷可能なため、納期の短縮やコスト低減に寄与。
・HP Indigoデジタル印刷機において優れたインキ耐水密着・耐水擦過性がある。印刷時のニス工程削減が期待できる。
用途展開
 HP Indigoデジタル印刷機の特徴である高精細な印刷品質と、デジタル印刷による可変情報印刷との組み合わせを活用することで、高い印刷再現性が求められる飲料ラベルやステッカーへの展開を想定。
※1 沖データ社製PLAVI Pro1050/Pro1040、日本エレクトロニクス工業社製JP621-LC
※2 化学品の危険有害性ごとに分類基準およびラベルや安全データシートの内容を調和させ、世界的に統一されたルールとして提供するもの。
SnapCrab NoName 2020 7 4 10 39 57 No 00