(株)リンクスは、20208月より、産業用カメラメーカートップシェアのBasler社の新ラインナップ「ace 2」に、ソニー社製CMOS センサー「IMX334IMX392」を搭載した24モデルの提供を開始した。
 Baslerの「ace2」は、CCD に代わり、CMOSセンサーが一般的になった画像センサー市場のニーズに合わせて開発された新シリーズ。CMOSセンサー市場が拡大している中で、Basler社は「モジュールコンセプト」という新しい概念を取り入れ、開発期間や工数を圧倒的に短縮し、多品種生産を実現することができるようになった。
 また、「ace 2」は新機能として、「ピクセルビヨンド」と「コンプレッションビヨンド」の2つを搭載。「ピクセルビヨンド」とは、Baslerが新たに開発した新しいビニング機能で、ビニング係数として整数以外に小数点以下の数値も指定することができる。これにより、ビニングによるデータ量の低減、フレームレートの向上、露光時間の短縮、画像の明るさの向上などのメリットだけでなく、生産が終了したセンサーから新センサーへのスムーズな移行も実現。さらに、「コンプレッションビヨンド」機能では、カメラの内部で画像データの重複部分を除外することにより、画像データを直接圧縮することができる。それにより、GigEUSB3.0の帯域上限値を上回る、より効率的な画像取り込みを可能にしている。
 同社は、すでに日本においてBasler社の製品を、工場設備、医療機器、交通・輸送機器などをはじめとする産業用カメラ市場に数多く導入しており、今回の新製品により、従来のCCDセンサーからCMOS センサーへの切り替えを検討している顧客企業や、アナログカメラからのアップグレードを検討している顧客への導入を推進していく。