(株)リコーは、フェノール系化合物を含まない感熱紙を 2021年春から国内で販売開始し、リコーが製造・販売する全ての感熱紙を順次フェノールフリー化する。
 リコーは、長年培ってきた材料技術を活かし、発色感度、印字精細性、画像保存性などに優れた感熱紙を、食品、物流、医療、FA(ファクトリー・オートメーション)等のさまざまな分野において、製品や梱包物 の属性を自動認識するためのバーコードなどの可変情報を印刷する媒体として提供してきた。 また、顧客に感熱紙を安心して使用してもらうために、各国・地域の各種法規制に基づいた厳しい製品安 全性評価基準を満たした製品を提供するとともに、最新の規制動向や技術的知見に基づく材料管理を推進してきた。
 感熱紙の主原材料であるフェノール系化合物に関しては、これまでも「ビスフェノールA(BPA)」の人体への影響の懸念が指摘され規制対象となっている。また、代替材料として使用されてきた「ビスフ ェノールS(BPS)」でも同様の懸念が欧州で指摘されている。リコーは、こうした状況を勘案し、2021年春以降に国内で発売する感熱紙を順次フェノールフリー化していくこととした。
 リコーは、企業理念であるリコーウェイに基づき、新しい価値の創造と提供を通じて、人々の生活の質 の向上と持続可能な社会づくりを目指し、事業を通じた社会課題解決に取り組んでいる。このたびのフ ェノールフリー化商品への切り替えを通して、国際社会で合意された「持続可能な開発目標(SDGs)」にお ける目標3「すべての人に健康と福祉を」の達成に貢献していきたいと考えている。既に 2020年2月には欧州地域向けにフェノールフリー化した感熱紙への切り替えを開始しており、今後は国内において当該製品の提供を開始する。
 最初のステップとして、「リコーサーマルペーパー タイプ 150LA-1」や「同 135LA-1」などの主力の感熱紙製品をフェノールフリー化する。
 リコーのサーマル事業は、感熱紙や熱転写リボンを主力商品としてグローバルに事業を展開し、高機 能な感熱紙市場で高いシェアを獲得しています。今後も、感熱紙分野において、社会課題解決型製品・ サービスのグローバル展開を先導し、より安心・安全な社会づくりに貢献していく。