2020 11 05 mimaki (株)ミマキエンジニアリングは、1000万色以上のフルカラー造形を実現する小型フルカラー3Dプリンタのエントリーモデル『3DUJ-2207』を発表し、2021年1月より全世界で販売を予定している。
 グローバルでの3Dプリンタ市場は年々規模を拡大しており、本体・プリント材料合計で、向こう数年で6千億円を超える規模に成長するものと予想されている※1。フルカラー3Dプリンタの市場はまだ小さいが、フルカラーでプリント・造形が可能な3Dプリンタへの需要は、ますます高まるものと期待されている。その背景は、バーチャルキャラクター出力サービスをはじめゲーム3Dデータの発展や、手軽に3Dスキャンのできる環境が整いつつあることだが、一方で従来の高精細フルカラー3Dプリンタは高額であり、かつ大型で設置面積も広いため、手軽に導入できる機器ではなかった。
 『3DUJ-2207』は、UV硬化インクジェット(IJ)方式で1000万色以上のフルカラー造形を実現する3Dプリンタであり、一般的な石膏方式に比べて約2倍の高精細な色表現を実現する。同製品は小型設計で、本体を分解することなくエレベーターを使って搬入できる上、設置面積が狭く静音設計で脱臭機を備えているため※2、オフィス環境への設置に適している。
 例えば、各メーカーでは開発中の新製品を試作する際、形状はもちろんのこと、色彩のイメージも素早く形にできる環境が求められる。同社の『3DUJ-2207』はフルカラーでの出力ができるため、着色の手間を省いた試作品をオフィスですばやく造形し、内製化することが可能。また、外部に発注する必要が無いことから、新製品や設計・技術情報の漏洩リスクを低減できる。
 さらに、1000万色の高画質・高精細な造形で、フィギュアやおもちゃのグッズデザインをはじめ、建築模型、家電製品など、工業デザインのわずかな色の違いにより印象を左右させる精密な試作品を求められる分野でも活用できる。
 同社の3Dプリンタは、2Dの高画質産業用インクジェットプリンタ開発で培ってきた技術を活かし、1,000万色以上のフルカラー造形を実現し、手作業では色付けが難しかった複雑な形状に対しても、フルカラーで造形ができ、豊かな色彩表現が可能。このたび発表した『3DUJ-2207』は、当社のUV硬化インクジェット方式3Dプリンタの上位機種『3DUJ-553』と同等の色数および造形精度を発揮する。また高い性能を維持する一方で、造形領域を『3DUJ-553』のW:508mm x D:508mm x H:305mmからW:203mm x D:203mm x H:76mmへと縮小したほか、徹底した小型化設計により、本体価格を『3DUJ-553』に比べて約1/5の価格を実現した。このように、小型化を実現し、1,000万色以上のフルカラーでの本格的なプリント・造形が可能な『3DUJ-2207』は、今まで高精細フルカラー3Dプリンタの導入をあきらめていたユーザーも導入できる。

※1 第三者の調査結果に基づく同社推計
※2 脱臭機はオプション(別売)