日精樹脂工業(株)は、ハイブリッド式の超大型射出成形機として「FWX2050Ⅲ-1100L」を開発、2021年1月から受注を開始する。
 今回のハイブリッド式超大型射出成形機は、型締力12,800kN(1,300トン)でありながら、エクストラ・ワイドプラテンの搭載により、型締力24,500kN(2,500トン)クラスの成形機と同等サイズの金型が搭載可能であり、低圧成形システムを活用することにより、本来の型締力以上の大きな製品の成形が可能になる。既存概念の型締力基準ではなく、金型寸法基準で成形機を選定する、いわゆる、大きな製品を小さな型締力で成形する次世代の成形思想を牽引する成形機。
SnapCrab NoName 2020 12 18 19 57 31 No 00 R 同機の主な特長は次の通り。
(1)新複合型締方式を採用した信頼ある直圧型締機構
 高速型開閉(早送りシリンダ)と高圧型締(高圧型締シリンダ)の構造を切り離した複合機構により、直圧式型締機構のメリットを活かしつつ、デメリットとされる機構の全長が長くなる点を改善し、機構をコンパクト化することで機械全体のダウンサイジングを実現。しかも、2プレート方式の型締機構に比べて可動盤のたわみが小さいため、金型にやさしく、成形品のバリの軽減や機構の平行度を長期にわたって維持することができる。
(2)大きな金型から小さな金型まで幅広く対応する固定盤、可動盤設計
 タイバー間隔は型締力24,500kN(2,500トン)クラスの成形機の金型が搭載できるワイドプラテン(2,050×1,800mm)設計。しかも、タイバー間隔が大きい固定盤でありながら、小さい金型を搭載しても固定盤のたわみを極小化できるよう構造解析により最適化している。
(3)低圧成形システム「N-SAPLI」による型締力の大幅なダウンサイジング
 同社独自の低圧成形システム「N-SAPLI」(推奨オプション仕様)は、成形を『高速射出・高圧射出・高圧型締』から『低速射出・低圧射出・低圧型締』へ導く技術。エクストラ・ワイドプラテンを搭載した同機に装備することで、型締力12,800kN(1,300トン)でありながら、最大で型締力24,500kN(2,500トン)クラスの成形が可能となる。
(4)油圧制御とサーボモータ駆動技術の融合
 2容量切換型ポンプと電動サーボモータを組み合わせた実績のあるインテリジェント・ハイブリット・ポンプシステム「Xポンプ」を搭載し、駆動源であるサーボモータが必要な時に必要な回転速度で作動して作動油の吐出流量・圧力をコントロールする。
 Xポンプの搭載により、油圧式成形機に比べ、大幅に消費電力を削減できるほか、エネルギー効率が大きく改善されたことで、作動油温度の上昇が抑えられ、冷却水の低減が可能となり、その結果、クーリングタワーなどの冷却水設備費や管理費のコスト低減も実現する。
(5)作動油量の低減によるコスト削減と省資源化
 FWX2050Ⅲは作動油量2,050Lリットルと、従来機の型締力12,800kN(1,300トン)クラスに比べて約20%削減しており、イニシャルコストの削減と省資源化による環境負荷の低減に貢献する。
(6)作業性・保守・メンテナンス性を考慮した安全ドア、カバー設計
 作業者に優しい自動開閉式安全ドア(操作側のみ)を標準装備。また型締部安全カバーは、取り外さなくとも機構内部の状況を確認できる開閉式を採用したことで保守・メンテナンス性が向上。
(7)高性能・高機能コントローラ「TACTⅣ」の搭載
 コントローラ「TACTⅣ」は、画面の大型化や操作パネルの新設計、便利で使いやすい高付加価値ソフトの搭載により作業性・操作性が向上しているほか、品質・生産管理機能の強化を図っている。
 超大型射出成形機は、自動車関連産業を中心に需要が堅調に推移していることから、省エネ性能と省スペース化に優れた新型ハイブリッド式成形機を投入することで、受注拡大を図る。
 FWX2050Ⅲの標準本体価格は1億2,350万円(消費税別、運送費・据付費は別途)。年間で2台の販売を見込んでいる。