リンテック(株)産業工材事業部門 建装材営業部は、フィルムの表面に抗ウイルス加工を施した特殊粘着フィルムを発売する。第三者認証機関である(一社)抗菌製品技術協議会の「抗ウイルス加工SIAAマーク」の安全性基準に適合した製品。手すりやテーブル、ドアノブなどに貼付する厚手の再剥離タイプのほか、屋内に掲出するポスターや看板といった出力品の表面に貼付する薄手の強粘着タイプもラインアップし、12月24日から販売を開始する。
 再剥離タイプの「M-072PN140」は基材のPVCフィルムの厚みが140µmあり、手すりやテーブル、ドアノブなどのさまざまな箇所に施工が可能。再剥離タイプの粘着剤を採用しているため、使用後にきれいに剥がすことができる。幅1240mm×長さ30m。基材のPVCフィルムの厚みが80µmの強粘着タイプについては、グロス調の「G-070PN80」とマット調の「M-071PN80」をラインアップ。屋内に掲出するポスターや看板といった出力品の表面に貼付するのに適している。幅13840mm×長さ30m。
注)抗ウイルス性能は、フィルムの表面にウイルスが直接付着しないと発揮されない。試験結果:24時間で99%以上の減少効果/試験方法:ISO21702に準拠。ISO21702に規定されるウイルスでの検証結果であり、全てのウイルスに対して効果があるわけではばい。また、第三者機関による試験結果であり、保証値ではない。
注1)抗ウイルス加工は、病気の治療や予防を目的とするものではない。
注2)SIAAの安全性基準に適合。
注3)医薬品ではない。また、感染予防を保証するものでもない。
注4)用途に応じて事前に十分な貼付テストが必要。