凸版印刷(株)は、「価値あるパッケージ」で、よりよい社会と心豊かで快適な生活に貢献する「TOPPAN S-VALUE™ Packaging」を掲げ、ひとに価値ある「スマート ライフバリュー パッケージ™」を提供している。このたび、「スマート ライフバリュー パッケージ™」のラインアップの1つとして、火災発生時の熱に反応して、消火効果のあるエアロゾルを放出する「消火フィルム」を開発した。電池メーカーや電機メーカー向けに2021年2月より販売開始する。
 「消火フィルム」は、ヤマトプロテック(株)が開発した消火効果の高いエアロゾルを放出する消火剤を使用し、凸版印刷が持つ塗工技術と「GL BARRIER」の高いバリア性能を活用し、耐久力を高めた粘着性のあるフィルムとして新たに開発した。リチウムイオン二次電池のケース内や、配電盤・分電盤設備の内部に同製品を貼ることで、電池内の不具合や配電盤の配線ショートにより発火した時の初期消火や、延焼抑制に高い効果を発揮。同時に人体や環境に悪影響のある物質を使用しておらず、消火の際に有害なガスも発生しない。
 なお、同製品は2021年2月24日(水)から26日(金)に開催される「TOKYO PACK 2021-東京国際包装展-」(会場:東京ビッグサイト)の凸版印刷ブース(南1ホール・小間番号S1-12)に出展する。
2021 02 03 toppan1「消火フィルム」のイメージ © Toppan Printing Co., Ltd.
 
■ 開発の背景
 モバイル機器やモビリティなど蓄電池の用途が広がるなか、リチウムイオン二次電池の使用はますます拡大し、さらに高出力化が進んでいます。しかしながら、普及にともない、使用中のみならず廃棄時も含め、発火事故のリスクが高まっている。
 このたび、ヤマトプロテックの高い消火能力を持つ消火剤を使用し、凸版印刷の持つ透明蒸着バリアフィルム「GL BARRIER」と高い塗工技術を組み合わせることで耐久性・施工性の課題を解決し、発火の可能性がある場所に手軽に貼って消火能力を発揮できる「消火フィルム」を開発した。同製品は、軽量でコンパクトなため、リチウムイオン二次電池のケース内や、配電盤・分電盤設備の内部、公共施設のゴミ箱など、密閉空間で発火リスクのあるさまざまな箇所に貼ることが可能。火災発生時の熱に即座に反応して消火能力を発揮し、延焼を抑える。

■ 製品の特長
・密閉空間での高い消火能力
 火災発生時の熱に反応して消火剤エアロゾルを放出し、負触媒作用により消火する。エアロゾルで空間を満たすことで高い消火能力を発揮する。

2021 02 03 toppan2

「消火フィルム」が消火効果を発生させるイメージ

・軽量コンパクト
 軽量なフィルム状にしたことで、省スペースを実現。リチウムイオン電池ケースの内部や配電盤・分電盤設備の内部、コンセントカバーなど、発火の可能性がある場所に設置することが可能。

2021 02 03 toppan3

「消火フィルム」を装着したイメージ

・初期消火機能に優れる
 熱に反応して消火機能を発揮するため、発火の可能性のある箇所に設置することで、火災の初期消火に有効。延焼・類焼を抑え、被害拡大を防止。
・有害なガスが発生しない
 消火剤は人体や環境に悪影響のある物質を使用しておらず、消火の際に有害なガスを発生しない。
・高い耐久性
 
「GL BARRIER」の高いバリア性能を活かし、空気中の水分を吸着しやすい消火材料の性質を補うことで、長期設置に耐える製品開発に成功した。