日本ゼオン(株)は、結晶性(立体規則性)を付与した新たなタイプのシクロオレフィンポリマー(COP)「ZEONEX® C2420」を上市し、このたび生産開始した。これまでのCOPにない機能を有するため、新しいアイテムへの応用展開が期待される。
 COPは一般に非晶性の構造を持っているが、ZEONEX® C2420は結晶性を付与したことにより、従来のCOPが持つ低吸水性、低誘電率・低誘電正接を維持しながら、これまでにない耐熱性、耐薬品性、耐屈曲性を有している。
 具体的な特性については、従来のCOPは非晶性のため、ガラス転移温度163℃程度が上限であったが、ZEONEX® C2420は結晶性を付与したことにより、耐熱性(融点265℃)が大幅に向上している。また、従来品は炭化水素系溶剤への耐性が劣っているのに対し、ZEONEX® C2420は炭化水素系溶剤への耐性を有している。さらに、従来品では2万5000回で割れが生じる屈曲試験において、20万回以上にも耐えうるなど、耐屈曲性にも非常に優れている。
 COPは、主にカメラレンズやディスプレイ用フィルムなどの光学用途、シリンジやマイクロ流路チップなどの医療バイオ用途の材料として使用されているが、ZEONEX® C2420の持つ新たな特性は、フィルム回路基板やフィルムコンデンサなどエレクトロニクス用途を中心とする新たな領域への展開を可能にする。