トーヨーケム(株)は、従来の4倍の水蒸気透湿率を実現した、メディカル・ヘルスケア用途に適した高透湿アクリル粘着剤を開発した。
 一般的なアクリル粘着剤は透湿性が低いため、それを用いた医療用テープは皮膚から放出される水蒸気がテープ内に留まり易く、皮膚が蒸れることで炎症を起こしたり、雑菌の繁殖を招くことがあったが、トーヨーケムは、今回、独自のポリマーデザイン技術を用い、接着力や剥離強度といった機械物性を維持しながら、透湿性を大幅に向上させた「オリバイン®シリーズ」の高透湿アクリル系粘着剤を開発した。同製品は2,000g/m2/dayの安定した水蒸気透過率を示し、従来のアクリル系粘着剤500~1,000g/m2/dayと比べ2~4倍の透湿性を実現した。
 トーヨーケムはヘルスケア用途に適した高透湿性粘着剤として、ウレタン系粘着剤「サイアバイン®シリーズ」もラインナップしている。粘着力や使用感といったユーザーニーズに合わせ、最適な粘着剤を提案する。
 トーヨーケムは長年に亘り信頼性の高い粘着剤を提供しており、世界最大のスポーツテープ生産国である中国において同テープ用粘着剤シェア1位を誇る。日本と中国に開発センター・生産拠点を持つ強みを生かし、世界の医療用接着剤市場、特にドレッシングテープやサージカルテープ用途でのプレゼンス強化を目指す。