2021 04 15 aval アバールデータ(株)は、分光応用技術研究所と共同開発した近赤外ハイパースペクトルカメラ「AHS-003VIR」を2021年5月より発売開始する。
 「AHS-003VIR」はソニー製のInGaAsセンサーを採用した近赤外ハイパースペクトルカメラ。640画素のラインにて、可視領域である450nmから近赤外領域の1700nmまでの波長を分光し、512バンドのスペクトル情報として取得する。XY座標の二次元空間情報と波長軸のデータ(ハイパースペクトル情報)同時に取得できるため、対象物の成分分析・識別(物質ごとに異なる光の吸光度の変化によって成分を算出する)できる。可視光だけでは見ることのできなかった対象物を非破壊・非接触で測定や検査が可能となる。「AHS-003VIR」は、センサーにペルチェ素⼦(冷却機能)付きタイプを採⽤しており、温度変動にも強い構成のため、工場などのインラインで安定した撮像を可能にしている。

製品名 :ハイパースペクトルカメラ
型式名称:AHS-003VIR(価格:オープン価格)
受注開始:2021年5月10日
出荷開始:2021年6月7日

■AHS-003VIRの特長
○感度波長:450nm~1700nm2021 04 15 aval3
○波長分解能:10.5nm
○画素サイズ:5μm×5μm
○有効画素数:640H(空間) ×512V(分光)

 

 

 

■AHS-003VIRの撮像

2021 04 15 aval2

■AHS-003VIRの主な対象分野
○成分分析、異物混入等の検査
○青果糖度/タンパク質/水分/フィルムパッケージ検査
○コンクリート壁面検査、気象/鉱物の観察
○バイオイメージング(蛍光) 等の観察
○物質が最も吸収/発散する近赤領域の波長帯の調査 等