東洋インキ(株)は、印刷物への衛生性付与ニーズの高まりに応え、新たにUVオフセットおよびグラビア印刷用抗ウイルスニスを開発した。
 今回新たに開発した抗ウイルスニスは、UVオフセット印刷用、グラビア印刷用ともに、抗ウイルス性能評価試験ISO 21702に基づき、エンベロープを持つA型インフルエンザウイルスに対し有効であることを確認しており、(一社)抗菌製品技術協議会(SIAA)が制定する「SIAA抗ウイルスマーク」を取得している。
SnapCrab NoName 2021 7 8 16 4 5 No 00
 また、FLASH DRY® AVS OPニスは、(一社)日本繊維製品品質技術センターの分析により、業界で初めて(※1)、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対しても不活性化に効果があることを確認している(※2)。
※1 東洋インキ調べ。UVオフセット印刷用ニスのSARS-CoV-2への不活性化効果として業界初。
※2 試験方法はISO 21702に準ずる。