2021 07 26 3m スリーエム ジャパン(株)は7月26日(月)から、事業者向けに「3M™ 菌を吸着する除菌用シート」の販売を開始する。オフィスや商業施設、宿泊施設をはじめ、学校や病院、交通機関などの多くの場所の除菌に使用できる業務用の衛生用品である。
 
昨今の社会状況下において除菌への意識が高まっている中、多くの施設や企業では、感染症のリスクを低くする対策を行っている。特に高い頻度で人が接触する場所においては、アルコール等を用いた拭きとりでの除菌作業が多く行われている。しかし、アクリル板やタッチパネルなど、素材へのダメージを考慮して、薬液を使用した除菌を避けたい場合がある。
 「3M™ 菌を吸着する除菌用シート」は、独自の技術により、薬液を使用せずとも水だけで素早く菌を吸着するため、一度湿らせて拭き作業を行うだけでウイルスや細菌などの微生物を非多孔質の硬質表面から99%の除去率で取り除くことができる。
 同製品の技術は、医療施設における清掃効果の検証※において、基準値を満たす清潔度を得ることができ、除菌力の有効性が実証されている。
 ※ 米国3Mによる医療施設における清掃効果の検査。
そのため、薬液の手間がない利便性に加え、特殊なポリマーがコーティングされていることにより、一度拭き取られた菌やウイルスはシートにしっかりと保持されるので、交差汚染のリスクを低減する。多くのユーザーが除菌作業を行う現場においても、誰でも安全に簡単に使用できる。
 また、通常、除菌剤や洗剤などの薬液を使用して設備環境の除菌する場合は、対象となるエリアを薬液で十分に濡らすことにより、除菌効果が得られる。もし十分な作用時間が得られない場合には、十分な除菌効果が期待できません。しかし、本製品による除菌作業では、シートに適量の水を含ませて拭き取ることにより、対象表面から菌やウイルスなどの微生物を即時に捕捉、物理的に取り除くため、迅速な除菌作業が必要なシーンにも適している。

【製品特長】
①水に湿らせるだけで除菌が可能

・独自技術で、水で濡らして拭くだけで、電気的な作用により瞬時に菌やウイルスなどの微生物を除去
・薬液の希釈等準備の手間がなく、臭いもないので、安全に多くのシーンで使用可能
・水だけでも高い除菌性能が期待できるため、薬液による除菌を避けたい場所にも使用可能
・設備表面の劣化リスクの軽減

②交差汚染を防ぐ効果
・正の電荷を持つシート表面が、負の電荷を持っている細菌やウイルスなどの微生物を電気的な
   作用により引き付けて捕捉し、シート内部にしっかりと保持
・一度使用したシートについた菌が他の表面に移りにくいので、交差汚染のリスクを低減
・交差汚染のリスクを低減しつつ、1枚のシートで複数の表面の除菌作業が可能

【使用方法】
①フタを取り、シートロールの中心部分の上から、1リットルの水または除菌剤を注ぐ
②取り出し口を開け、シートを取り出し、ミシン目から一枚引き裂く
 作業面にひどい汚れがある場合は事前に他の方法で汚れを取り除く
③全面を拭き残しがないように拭く
 必要量のシートを取り出した後は取り出し口をしっかり閉める

 ※医療関連施設など、消毒作業が必要となる場合においては、第四級アンモニウム塩やアルコールと併用することができる。