災害用トイレの大手メーカー、まいにち(株)は、防災備蓄用として長さ300mのトイレットペーパー「マイロール300」を防災の日の9月1日に発売する。
 通常のトイレットペーパーはシングルで50~60mなので、5~6倍の長さ。同社の従来製品の255mと比べても45m長くしたうえ、ロールの直径は125mmとJIS規格の120mmをわずかに超えるだけで、ほとんどのトイレットペーパーホルダーに装着できる大きさとした。アルミ真空パックと耐水段ボール箱により浸水や湿気に強く、10年間保存できる。26ロール入りで参考価格は1万5000円(税別)。自治体や企業、学校、各地域の防災組織など向けに初年度1000万円、3年後には5000万円の販売を見込んでいる。
 同社は、内閣官房の国土強靭化貢献団体の認証に関するガイドラインに基づく「レジリエンス認証」を事業継続、社会貢献の両面で取得している。
SnapCrab NoName 2021 8 19 3 33 11 No 00