2021 08 26 evonik1 エボニック インダストリーズ(本社:ドイツ、エッセン)は、消泡剤の新製品「TEGO® Foamex 811を発表した。
 
単独であらゆる用途に対応する消泡剤などの添加剤を見つけることはできないが、特定の用途に最適な添加剤は存在する。エボニックのコーティングアディティブス部製品群には、現在 3 種類のシロキサンベースの消泡剤ある。それぞれが異なる特性と特長を持っているため水性塗料やオーバープリントワニスに最適な消泡剤を選んで配合することができる。
 
今回この消泡剤製品群新たに加わった TEGO® Foamex 811 は、2の既存製品 TEGO® Foamex 812 852 中間の位置づけになるTEGO® Foamex 812 は消泡効果が非常に高くTEGO® Foamex 852 特に相溶性に優れており、新しいTEGO® Foamex 811 はこの両方の特性である高い消泡効果と相溶性を非常にバランスよく兼ね備えている。
印刷インキ向けアプリケーションの技術責任者であるスザンヌ・ストラックSusanne Struck)は、「高い消泡効果相溶性合わせ持つこの新しい消泡剤、印刷インキ業界の非常に幅広い用途に適しています」と説明している
 
またTEGO® Foamex 811 配合する分散工程でもレットダウン工程(樹脂を投入する配合工程)でも同じよう性能を発揮するため、あらゆる用途に利用できる可能性がある。3 つの消泡剤にはそれぞれ異なる製品特性がり、ニーズに応じて最適な製品を選択配合することができる
 
この3 つの消泡剤はすべて、食品接触包材に使用することができる。溶剤、殺生物剤、鉱物油を含んでおらず、スイス条例(リストA)、アメリカ食品医薬品FDA、その他の地域の規制など、多くの規制に対応している。
 
また、主な用途は食品接触包材と食品接触包材ですがインクジェットンキ、薄い織物室内装飾・壁紙用インキなどの用途にも適している。 製品の技術、規制、安全データシートなど詳しい情報はwww.coatino.com.で閲覧可能。