(株)日本HPは、グラフィクス市場向け大判プリンターの新製品として「HP DesignJet Z9+ Pro(エイチピー デザインジェット ゼットナインプラス プロ)」を9月16日から発売する。希望小売価格(税込)は2,395,800円。HP DesignJet Z9+ Proは、プリントサービスプロバイダー(PSP)や地理情報システム(GIS)事業者に、プロフェッショナルな写真品質の印刷と、高精度で色鮮やかな地図の作成を可能にする最新のソリューションとセキュリティ機能を提供する。
SnapCrab NoName 2021 9 15 12 24 8 No 00
 HP DesignJet Z9+ Proは、「RGB HP Vividフォトインク」を採用することでPANTONE色域の93%を再現できるようになり、前世代よりも色域が26%向上した。高精細ノズルアーキテクチャー(HDNA)のプリントヘッドやデュアルドロップ技術などの追加機能によって、ライト系のインクなしでも明瞭なディテールと鮮やかなコントラストによる印刷を実現する。
 対象カテゴリーで最大の色域を誇る(*1)HP DesignJet Z9+ Proは、プロフェッショナルな写真品質のプリンターを求めるPSPに最適。ユーザーは、印刷ジョブに合わせてICCプロファイルをカスタマイズし、色精度と一貫性を実現できる(*2)。また、上質で均一な光沢を生み出すために、オプションでHPのグロスエンハンサーアップグレードキットを搭載することもできる(*3)。
 さらに、HP PrintOSのモバイルアプリによって、PSPはパフォーマンスの監視、問題の対処、メディアプリセットのリモート共有など、印刷オペレーションの管理性を向上できる。今回初めて、HP DesignJet Z Proプリンターシリーズに、HP PrintOSサービスセンターのアプリケーションが搭載された。このクラウドベースのソリューションによって、ユーザーは進行中のすべてのサービスケースをリアルタイムに一覧で確認できる。
 HP DesignJet Z9+ Proは、データセキュリティの維持に細心の注意を払いながら、極めて精度の高い地図の作成と、鮮明な等高線や文字の印刷を求めているGIS事業者にも適している。Adobe PDF Print Engine(*4)が優れた透明効果とレイヤーの再現を可能にし、HPのHDNAプリントヘッドとHP Pixel Control技術が、高い精度と複雑な地図の印刷にとりわけ必要とされる滑らかな勾配と鮮明な色合いを実現する。
 世界で最も安全な大判プリンターであるHP DesignJet Z9+ Proは、暗号化された通信とアクセスコントロールリストによって、最高水準のデータ保護を保証する。「HP Connection Inspector」「HP Secure Boot」、ホワイトリスティングなどの機能が、ネットワーク保護を実現しデータセキュリティの懸念を解消する(*5)。
 HP DesignJet Z9+ Proは、最速のメディアハンドリングとスピンドルレスの自動ロールフィードによって効率性が向上している(*6)。光沢フォト用紙なら最大18%、キャンバスなら最大46%速い印刷能力を提供する(*7)。
 持続可能性についても以下のような配慮がなされている。
・Energy Star 3.0に準拠し、EPEAT(R)登録製品で、消費電力が少なく、環境に配慮した製品として認定されている。
・500mLのボトル8本以上に相当するオーシャンバウンド・プラスチックを含む再生プラスチックを30%使用して製造されている。また、 FSC(R)認証取得済みの大判用紙(*8)やリサイクル可能な各種HPメディアに対応している(*9)。
・HPエコカートンカートリッジに対応しており、最大80%のプラスチックを削減している(*10)。エコカートンカートリッジの外箱は、地域の段ボールリサイクルを通じて廃棄できる。

*1:最も広い色域に基づくプロフェッショナルな写真品質。2021年1月に米国HP Inc.が委託しSogetiが実施したテストに基づく。このテストは、「HP DesignJet Z9+ Pro」64インチプリンターと、2020年時点で世界市場シェアの過半数を占めている同等の競合プリンター(出典:IDC)について、HPプレミアム速乾光沢フォト用紙にベストモードで印刷したCIE Labユニットにおける色域体積(体積が大きいほど品質が高い)を比較することによって実施。すべてのプリンターに同条件でテストを実施し、X-Riteの分光測色計i1を用いてTC9.18目標値を測定。
*2:「HP DesignJet Z9+ Pro」64インチプリンターはX-Riteの分光測色計i1を内蔵。HPとX-Riteとの緊密な連携により、顧客が求める容易さ、品質、信頼性を満たすために、十分にテストを実施した信頼できるソリューションを実現している。
*3:2021年1月に米国HP Inc.が委託しSogetiが実施したテストに基づく。このテストは、「HP DesignJet Z9+ Pro」64インチプリンターと、2020年時点で世界市場シェアの過半数を占めている同等の競合プリンター(出典:IDC)について、光沢フォト用紙にベストモードで印刷した時の測定角度20°におけるGUユニットの光沢レベルの標準偏差(小さいほど精度が高い)を比較することによって実施。「HP DesignJet Z9+ Pro」64インチプリンターは、HPプレミアム速乾光沢フォト用紙にベストモードで、グロスエンハンサーを有効にした状態でテストを実施。HPのグロスエンハンサーはフォト用紙に使用できるが、マット仕
上げ用紙には使用できない。用紙は別売り。
*4:Adobe PostScript(R)/PDFアップグレードキットは別売り。Adobe PDF Print Engine(APPE)は、Adobeの高速かつ高忠実度の印刷プラットフォーム。バージョン5.5では、パフォーマンス効率と画期的なレンダリング機能でAPPEの最先端の印刷再現性が強化されている。APPE 5.5によって、プリンターはワークフローの効率性を向上させ、インクジェット印刷技術におけるイノベーションの収益性を十分に生かすことができる。詳細は、https://www.adobe.com/jp/を参照。
*5:2021年1月に米国HP Inc.が委託しSogetiが実施した公表済みのセキュリティ仕様の比較に基づく。「HP DesignJet Z6 Pro」64インチプリンターと、2020年時点で世界市場シェアの過半数を占めている競合製品(出典:IDC)を比較。比較内容と詳細は要求に応じて提供可能。
*6:2021年1月に米国HP Inc.が委託しSogetiが実施したテストに基づく。このテストは、「HP DesignJet Z6 Pro」64インチプリンターと、2020年時点で世界市場シェアの過半数を占めている同等の競合プリンター(出典:IDC)について、44インチロールのOce製図用紙75gを装填して比較することによって実施。ロールホルダーにロールを装填してから、プリンターが装填を完了するまでの時間を計測。両プリンターに同条件でテストを実施(上方または上部のロールに装填し、スキューおよびサイズの検出にはデフォルト設定を使用)。
*7:2021年1月に「HP DesignJet Z6810」60インチプロダクションプリンターと比較した米国HP Inc.による社内テストに基づく。HPプレミアム速乾光沢フォト用紙をベストモードで使用し、「HP DesignJet Z6810」60インチプロダクションプリンターが1時間当たり12.0平方メートルの速度であるのに対し、「HP DesignJet Z9+ Pro」64インチプリンターは14.1平方メートルの速度を達成。HPのアーティストマットキャンバス用紙をノーマルモードで使用し、「HP DesignJet Z6810」60インチプロダクションプリンターが1時間当たり9平方メートルの速度であるのに対し、「HP DesignJet Z9+ Pro」64インチプリンターは、19平方メートルの速度を達成。
*8:BMG商標ライセンスコードFSC(R)-C115319、およびHP商標ライセンスコードFSC-C017543は、https://jp.fsc.org/jp-jpを参照。すべてのFSC認証製品がすべての地域で利用できるわけではない。
*9:HP大判用紙を使用したほとんどの印刷用品は、一般的に利用可能なリサイクルプログラムを通じて、または地域ごとの慣習に従って、リサイクルが可能。HP大判印刷用品は、オリジナルのHP DesignJet インクの使用有無にかかわらず、ほとんどの地域で無害で安全に廃棄できる。地域の指示については、地域の廃棄物管理機関に問い合わせていただきたい。
*10:1Lのエコカートンのみを使用した場合に80%。この割合はカートリッジのサイズによって異なる。外箱は地域の段ボール/用紙プログラムを通じて100%リサイクル可能。印刷用品とプリントヘッドの回収については、 http://www8.hp.com/jp/ja/hp-information/supplies-recycling/recycle_tab1.html を確認していただきたい。