2021 10 05 mimaki (株)ミマキエンジニアリングは、3Dプリンタの造形時に用いる3Dデータを自動でエラー修正し、形状を最適化※1するクラウドソフトウェアサービス「Mimaki 3D Print prep Pro(3DP³)」を発表した。このソフトウェアは、同社初のサブスクリプション型サービスで、2021年10月5日から開始する。
 新型コロナウイルス感染症の流行は、3Dプリンタが改めて評価される契機となった。サプライチェーンの分断で物資調達が滞り、また、医療現場で防護具不足が問題となった際に、3Dプリンタでフェイスシールドを作成したのは記憶に新しい。スーパーコンピュータ「富岳」による飛沫感染シミュレーションの結果を踏まえてデザインされた飲食用フェイスシールドの設計情報が、オープンデータとしてWebサイトで公開され、3Dプリンタと必要な素材があれば、誰でもフェイスシールドを作ることができるようになった。さらにWithコロナにおいて、産業分野から個人利用まで3Dプリンタの活用の場が広まって行くと考えられている。
 3Dプリンタが身近になる一方で、3Dプリントを行う際は、3Dデータにエラーがないか事前に確認する必要があり、エラーを修正するためのさまざまな機能が搭載されたソフトウェアは高価で、操作の習得には3Dデータを扱う知識と時間を要する。こうした3Dデータの修正は、3Dプリンタのさらなる普及において課題の一つとなっている。
 「Mimaki 3D Print prep Pro」は、3Dデータから3Dプリントを行う際に必要となるエラー修正を簡単操作で自動実行でき、さらに3Dモデルに適した形状に最適化することができる。これにより、3Dデータの扱いに不慣れな方も簡単にエラー修正が行え、修正時間の軽減に貢献する。本製品は8種の主要な機能「厚み修正」「隙間埋め修正」「中空形状修正」「クリアパーツのカット修正」「テクスチャデータの最適化」「マテリアルカラー有効化設定」「穴埋め修正」「VRMデータ修正」を備えており、細かな修正を行う際は任意に数値を指定してから自動修正することもできる。プリント前にエラー情報の有無を確認し、修正することで、時間や材料を無駄にすることなく確実な造形が可能になる。製品は、1,000万色以上のフルカラー3Dプリントを実現する同社のUV硬化インクジェット方式のフルカラー3Dプリンタ・3DUJシリーズ※2に対応。
 「Mimaki 3D Print prep Pro」は、同社では初となるサブスクリプション型のクラウドソフトウェアサービスで、$50※3の月額費用でソフトウェアを利用できる。「Mimaki 3D Print prep Pro」の利用および詳細に関しては、Mimaki製品サイト(https://japan.mimaki.com/product/software/3d/3dp3/)を参照。
※1 3DP³はエラーの内容や形状により、求められる修正結果が得られない場合もある。その場合には、別途3Dデータ修正ソフトによる手動/自動の修正が必要な場合もある
※2 3DUJ-553および3DUJ-2207
※3 使用されるクレジットカードの通貨によってはUS$との為替レートにより月々の支払額が変動する可能性がある