エボニック インダストリーズコーティングアディティブス・ビジネスラインは、ハナウ工場の革新的なプロセス技術を用いて、易分散性に優れたAEROSIL®(アエロジル®)シリーズの新しいフュームドシリカ製品を開発した。新たに開発されたAEROSIL® E 805、AEROSIL® E 812、AEROSIL® E 972、AEROSIL® E 9200からなる製品群は、塗料やコーティング剤に混練製造する際に、例えばビーズミルなどの時間と経費の掛かる分散工程を省略することができる。
 新製品はAEROSIL® Rの標準製品AEROSIL® R 805、AEROSIL® R 812、AEROSIL® R 972、AEROSIL® R 9200のすべての特性を保っている。
 スペシャルティケミカルグループの4つの新たな「easy-to-disperse(E2D)」(易分散シリカ)製品は、標準製品と同様に、顔料着色系およびクリヤーコーティング剤の配合における、レオロジー制御に適している。主な用途は、木工、プラスチック、自動車、一般工業用コーティング剤。AEROSIL® E 972はより汎用性が高いのに対し、他の3つのシリカは特定の用途を目的としている。例えば、AEROSIL® E 812とAEROSIL® E 805は自動車OEM塗料向けのクリアコートに適しており、AEROSIL® E 9200は主に特殊な耐傷つき性の向上に使用される。

新しいAEROSIL® Eシリーズ添加剤により、複雑な製造プロセスを容易に
 
どちらの製品群とも、レオロジー制御能力に違いはないが、新しいAEROSIL® Eシリーズは、容易に分散することができる。エボニックは、すでにこの製品群の商業生産を行っているハナウ工場に加えて、ドイツ・ラインフェルデンにフュームドシリカの新しい生産工場の建設を開始した。生産能力を大幅に増強することで、増え続ける需要に対応する。
 フュームドシリカのようなレオロジー調整剤の分散プロセスは、複雑で時間のかかるものであった。塗料メーカーは、シリカが配合物内で均一に分散され、レオロジー特性を最大限に発揮できるようにするために、ビーズミルを使用して長時間の分散工程を行う必要があった。
 しかし新たに開発されたAEROSIL® Eシリーズの製品を使用することで、高いエネルギーが必要なビーズミル分散工程を省略可能。工業用・輸送機械用コーティング市場部門の責任者を務めるマクシミリアン・モラン(Maximilian Morin)は、「当社のお客様を、このような余分な作業から解放することができました。新しいシリカはディゾルバー分散機を使った1回の工程だけで分散可能です」と述べている。これは、特にクリアー塗料の製造において明らかな利点である。

コーティングのレオロジー特性の後続制御
 
添加剤の分散が容易になったことで、処理時間の短縮、生産時のエネルギー消費の低減、機械のメンテナンスや洗浄に必要な人手や資材の削減が可能になり、より効率的で持続可能なプロセスに貢献する。
 もう1つの利点は、新しいE2D製品を、一旦製造が完了した塗料に後添加ができるということ。AEROSIL®技術責任者であるマクシミリアン・コーネリアス(Maximilian Cornelius)は、「E2D製品の使用により、処方設計者はいつでもレオロジー特性を制御・調整することができる。これは他の製品にはない独自の特徴です」と述べている。さらに、新たに開発されたこの製造プロセスは、AEROSIL® E製品の他、「将来的には、他の分散性の高いグレードも製品化を目指しています」とコメント。

AEROSIL® E 805、AEROSIL® E 812、AEROSIL® E 972、AEROSIL® E 9200 の技術、法規制、安全データシートなどの詳しい情報は、http://www.coating-additives.comを参照。