積水化学工業の100%子会社である積水マテリアルソリューションズは、アレル物質除去スプレー「アレトリ(270ml)」を5月10日に発売した。2020年1月にナウケア アレル物質除去スプレーの第1弾としてマスク専用「ナウケア Rapidez(ラピデ)」を発売し、今回、布団、シーツ、ソファー、布製ぬいぐるみ、カーペットなどのファブリック向け製品をラインナップした。

2022 05 11 sekisui

1. アレトリTMの開発の経緯と特徴
 日本人の2人に1人は何らかのアレル物質に悩んでいる現代、より早く、より持続性効果のあるアレル物質低減製品が求められている。アレル物質の低減効果があるとされる柿しぶ(柿タンニン)の構造式からヒントを得て開発した抗アレル物質加工剤「アレルバスター」を配合したマスク専用製品「ナウケアTM Rapidez(ラピデ)」を2020年1月に発売。もっと、身の回りにあるファブリック製品(布団、シーツ、ソファー、布製ぬいぐるみ、カーペットなど)に気軽に使えるものをとのニーズにより新たに「アレトリ」を開発、ラインナップに加えました。
特徴
 ① 抗アレル物質加工剤「アレルバスター」を配合し、スプレー噴霧後5分で平均95.2%のアレル物質低減を確認
 ② アレル物質低減効果が最大1カ月月持続
 ③ ヒョウヒダニ由来・スギ花粉由来・ネコの毛由来など、さまざまなアレル物質を低減
 ④ 日本アトピー協会推薦品

2. アレル物質除去の仕組みと効果について
1) 仕組み(推定機構)
 アレトリは、積水化学グループ独自の抗アレル物質加工剤「アレルバスター」の数種のうち、特に即効性とアレル物質低減効果の高いフェノール系ポリマーの「アレルバスター」を配合したアレル物質除去スプレー。ファブリック製品などにスプレーされた「アレルバスター」が、接触したアレル物質を変性させ、その働きを低減させる仕組み。
※アレルバスターはこれまでに、床材・壁材、カーテン、布団、カーシート、空調機器フィルターなど数多くの製品への採用実績を有している。

2022 05 11 sekisui2

2) 効果
 外部試験機関(日本環境衛生センター、ビオスタ)による評価試験を行い、次の①~③の効果を確認した。
①即効性:アレトリ噴霧後、約5分間で効果を発現する
 アレトリ噴霧5分後の実使用布団生地でのアレル物質低減試験において、ヒョウヒダニ類由来のアレル物質に対して平均95.2%の低減効果を確認した。

  試験方法:5cm角の使用済み布団生地3種(1.綿100% 使用歴5年以上、2.綿100% 使用歴10年以上、3.ポリエステル100% 使用歴5年未満)にアレトリを噴霧し、5分後のヒョウヒダニ類由来アレル物質低減率を測定
  ※同試験は、同社独自に検討した模擬的方法で実施。実際の使用方法に基づく試験結果ではない

②持続性:アレトリ噴霧対象ファブリックへの効果が最大1カ月持続。
  アレトリ噴霧1カ月後のポリエステル布でのアレル物質低減試験において、ヒョウヒダニ類由来のアレル物質に対して低減効果を確認した。
  試験方法:5cm角のポリエステル布にアレトリを噴霧し、1カ月経過後、アレル物質液と分間接触させ、低減率を測定
  ※本試験は、弊社独自に検討した模擬的方法で実施。実際の使用方法に基づく試験結果ではありません。

・噴霧1カ月後でもヒョウヒダニ類由来アレル物質の低減を確認

③低減効果の対象:さまざまなアレル物質に対して低減効果確認
  ヒョウヒダニ類由来アレル物質、スギ花粉由来アレル物質、ネコの毛由来アレル物質に対して低減効果を確認した。
  試験方法:5cm角のポリエステル布にアレトリTM を噴霧し、各種アレル物質液と60分接触させ、5分後の低減率を測定。
  ※本試験は、弊社独自に検討した模擬的方法で実施。実際の使用方法に基づく試験結果ではない

 ・ヒョウヒダニ類由来アレル物質:97.8%低減を確認
・スギ花粉由来アレル物質:99.3%低減を確認
・ネコの毛由来アレル物質:99.5%低減を確認
※比較として、リン酸緩衝生理食塩水(Phosphate-buffered saline, 略称: PBS)を噴霧

その他、『日本アトピー協会推薦品』に認定された。
  ※アトピー性皮膚炎及びアレルギー諸疾患の改善を保証するものではない

3. アレトリ製品概要

2022 05 11 sekisui3

4. 今後の事業展開および販売目標
 積水マテリアルソリューションズでは、“セルフケア”をコンセプトとした製品の開発を進め、「ナウケア シリーズ」として事業展開している。2025年度に「ナウケアシリーズ」を含むケアマテリアルビジネスでの売上高15億円を目指す。