2022 06 06 nafias1 信州大学繊維学部発のベンチャー企業であるナフィアスは、先端ナノファイバー素材「NafiaS」を使用した一般向けマスク「AIR M1(エアーエムワン)」をナフィアス公式サイトにて、5月30日(月)より販売開始した。
 「AIR M1」は、フィルターに信州大学繊維学部との共同研究開発から生まれた先端ナノファイバー素材「NafiaS」を2層に採用した構造。「NafiaS」は直径が100nm程度の極めて細い繊維(ナノファイバー)からなるナノテク繊維素材であることから、微小粒子捕集効率(PFE)99%、ウイルス捕集効率(VFE)98% といったJISの定める95%以上の高い捕集能力[1]を有し、ウイルス飛沫や花粉等の侵入を防ぐ。

 また、「NafiaS」のナノファイバー不織布は、構成する繊維が極細であり、さらにその体積に占める空気層の割合が80%[2]と非常に高いことから息がしやすく、加えてこれまでの素材にはなかった柔らかさと軽さも大きな特徴。
 最先端のナノファイバーテクノロジーから生まれた「AIR M1」は、PM2.5やウイルス飛沫に対する十分な捕集性能を持ちながらも通気性が高く、安心感と快適性を実現した次世代マスクといえる。
 同社は創業当初より、高機能ナノファイバー素材の特長を活かせるマスク開発に取り組んできた。感染対策(防塵)マスクとして厳格な米国規格を満たす「NafiaS-N95」マスクを医療機関などの感染リスクレベルの高い現場に提供し、防護性、快適性の点で高い評価を得た。「NafiaS-N95」マスクの開発で培った技術を生かして、日常生活において長時間着用が可能な快適性の高いマスクの開発に着手し、一般用の高機能マスク「AIR M1」の発売に至った。また部材から製造まで全てを国内生産とすることで品質の安定化と供給不安を解消した。
 なお、同社は、一連の「高性能ナノファイバーマスクの開発」に対して、令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰〈科学技術賞(開発部門)〉を受賞。
 「AIR M1」の特長は以下の通り。

■「AIR M1」の製品特長
2022 06 06 nafias21.先端ナノファイバー素材「NafiaS」の2層構造で、0.1umの微粒子を99%以上カット

2.通気性が高く息がしやすく、声が通りやすい
 先端ナノファイバー素材「NafiaS」が空気の流れを妨げず、呼吸をスムーズに行うことが出き、声が通りやすく会話がスムーズに行える。JISの定めるフィルターの圧力損失値60Pa以下に対し、AIR M1の圧力損失値は1/3の20Pa以下、さらに通気性は40cc/㎠/s以上。

3.薄くて超軽量なので口元がすっきり
 先端ナノファイバー素材「NafiaS」の重さは従来フィルターの100分の1以下、厚みは、200分の1以下[3]。軽くて薄いマスクなので、マスク着用時の煩わしさが軽減された。

4.柔らかい耳紐を採用し、長時間の着用時の耳への負荷を軽減

5.四角をRカットしたすっきりしたデザインの形状

〈製品仕様〉
商品名:AIR M1(エアーエムワン)
形状:ダブルオメガプリーツ
マスクサイズ:W175mm × H90mm
対象:ウイルス飛沫、花粉、ほこり・バクテリア、PM2.5、等
構造:4層構造
包装形態:個別ピロー包装
化粧箱:30枚入
価格(税込):3960円/箱(132円/枚)
販売チャネル:ナフィアス公式サイト(https://www.nafias.jp/lp/air_m1/