2022 06 22 XYZ XYZプリンティングジャパンは、粉末焼結方式3Dプリンター「MfgPro236 xS」を2022年6月22日に発売する。MfgPro236 xSは60Wの高いレーザー出力を誇り、PA6(ナイロン6)パウダー材料での造形に対応したSLS方式3Dプリンターで、価格は16,500,000円(税抜)となっており非常にリーズナブルなコストで粉末焼結3Dプリントを導入できる。
 MfgPro236 xS(以下MP236)は、XYZプリンティングジャパンで現在販売中の粉末焼結方式(以下SLS方式)3DプリンターMfgPro230 xS(以下MP230)の上位機種。MP230と比較してレーザー出力を30Wから60WにアップグレードしたことによりPA6(ナイロン6)パウダーでの造形に対応。
 現在、SLS方式3Dプリンターの材料としてPA12が一般的。耐久性のあるナイロン素材の中では比較的扱いやすく造形安定性に優れていることが主な背景のひとつ。一方、実際の工業製品に採用されているナイロン素材という点ではPA6の方が圧倒的に普及度が高く一般的である。強度や硬さなどの機械特性に優れ、耐薬品性、耐油性なども良く機械部品に最適な材料。そのため電気・電子業界、自動車業界等幅広い分野で使われている。
 従来のPA12は「試作品」としての使用用途が主流であった。PA6は優れた機械特性によって、厳しい環境下で長期に使用される「本製品」、もしくは「本製品と同じ素材を使った試作品」としてさらに高度な機能試験・機能検証を可能にする。
 新発売のMP236はPA6だけでなくPA12、PA11、TPUなどの材料にも対応しており、幅広い使用用途で活用することができる。
 
■PA6の特徴
 高強度で非常に硬く剛性に優れている。高耐熱性・高気密性にも優れ、また、自己潤滑性があり耐摩擦摩耗特性にも優れている。使用用途として、耐熱が必要な設計検証や高い強度が必要とされる治具などに適しており、活用例として、エンジンパーツ・ダクト・冷却ファン・機械部品など幅広く対応が可能。

2022 06 22 XYZ2

■粉末焼結方式(SLS)3Dプリンターの特徴
SLS方式3Dプリンターは、赤外線レーザーを照射し高温で粉末を焼結しながら造形していく技術を用いた3Dプリンター。SLS方式は複雑な形状でもサポート材なしでモデルを造形することができる。熱溶解積層方式や光造形方式の場合、造形品の形状によってはサポート材が必要となる場合が多々あり、サポート材の取り外しに手間がかかったり、より複雑な形状ではサポート材の取り外しが不可能な場合が出てくる。その点、SLS方式はサポート材が必要な箇所を粉末が埋めるため一切のサポート材が不要となり、どのような複雑形状の造形でも造形完了後に粉末を取り除くだけで後処理は完了する。また、造形精度(寸法安定性)に優れており、自動車や電化製品など様々なメーカーのものづくりにおいて活用されている3Dプリンター。

■展示会のご案内
  6/22(水)~24(金)に東京ビッグサイトで開催される展示会「次世代3Dプリンタ展」にてMP236を展示い。各種材料で造形した造形サンプルも多数展示。MP236の他にも9月に新発売予定の「ダヴィンチPro EVO」など最新製品を多数展示する。
<第5回 次世代3Dプリンタ展(日本ものづくりワールド内 2022内)>
会場:東京ビッグサイト 東ホール(ブースNo.4-26)
会期:6/22(水)~24(金)
※展示会の招待状は下記WEBサイトから
https://onl.bz/AvzpBGy