SABICは、「NORYL(tm) NHP8000VT3樹脂」を本日発表した。これは短絡および火災伝搬に対する保護性を強化した電気自動車(EV)用電池モジュールで使用される絶縁フィルムに適した製品である。この高性能ポリフェニレンエーテル(PPE)ベースの樹脂は、高電圧電池(600~800ボルト)の厳しい要求を満たすように開発された特許取得済技術を用いて設計されている。同製品は最高の比較トラッキング指数性能レベル・カテゴリー0(CTI PLC0)を達成し、極薄肉押出成形および真空・圧空成形を可能とし、非臭素化、非塩素化難燃性を備えながら、0.25mmにてUL94 V0規格に適合する。NORYL NHP8000VT3樹脂は、より強力なCTI性能およびより薄肉の難燃特性を提供することによって、ポリカーボネート(PC)およびポリプロピレン(PP)製の既存絶縁フィルムの欠点に対する斬新なソリューションになる。この並外れた材料は、乗客安全の確保、走行距離延長のための軽量化および高効率化を支援することによって、EV電池技術の発展に貢献する。

 SABICは、6月28~30日にドイツ・シュトゥットガルトで開催されるThe Battery Show Europe 2022(ホール8、ブースF10)で同社の新しいNORYL NHP8000VT3樹脂を出展し、一連の絶縁フィルムおよび熱成形部品を展示する予定。

  SABICスペシャリティー事業部のLNP & NORYLビジネス・マネジメント・ディレクターであるJoshua Chiaw氏は、「標準の400ボルトEV電池から、より高電圧への移行によって、充電時間の短縮、走行距離延長および車両内のエネルギー管理の向上の可能性がもたらされます。ただし、より高電圧の電池の設計には、当社の新しい絶縁フィルム用NORYL樹脂などの画期的な材料の革新を必要とします。この新しいソリューションは、最高のCTI性能レベルを達成しながら厳しい難燃性基準も満たす業界初の真空・圧空成形可能な材料です。SABICは、安全性、性能および走行距離に対する課題に対処することによって、Eモビリティー採用を促進することのできる革新的材料のソリューションの開発に徹底して注力しつづけます」と述べている。

◆より高電圧向け電池用の最高のCTI性能レベル・カテゴリー
 CTI PLCは、トラッキングを起こすことなく材料が耐えることのできる最高電圧を示し、ストレス、湿気および汚染の条件下での電気絶縁体を評価するのに使用される。NORYL NHP8000VT3樹脂は、独立した試験所による試験で最高のCTI性能レベル・カテゴリー0を達成しており、600ボルト以上に耐えることができることを示している。一部のPPグレードもCTI PLC0を達成可能だが、それらの材料はシートの熱成形が難しく、多くの場合、複雑な形状を実現するには二次加工を必要とする。さらに、NORYL NHP8000VT3樹脂は0.25 mmの厚さにおいて、PPよりも優れた機械的強度を提供する。別の既存の電池絶縁材料であるポリカーボネートは、通常CTI PLC0を達成することはできない。

◆省スペースのための極薄肉難燃性
 NORYL NHP8000VT3樹脂は0.25mmでUL94 V0基準を満たし、PCやPPよりも薄いフィルム・ゲージで、より高いレベルの難燃性を提供することができ、電池パック内の貴重なスペースを解放することが可能である。PCと比較して、NORYL NHP8000VT3樹脂は、その比重の低さおよびより薄肉での難燃特性により、最大40%の軽量化を実現する。また、この特性は他のEV用途にもメリットをもたらす可能性がある。例えば、この新しいNORYL樹脂は、オーバーモールドまたはインサート成形プロセスを使用した金属EVバスバーの絶縁用の候補にもなる。

 SABICスペシャリティー事業部のAPAC地域フォーミュレーション&アプリケーション担当ディレクターであるJenny Wang氏は、「NORYL NHPシリーズは、強化された難燃特性を備えた当社の次世代PPOポートフォリオです。この製品群には、電池モジュールおよびハウジング用のNORYL NHP6011およびNHP6012樹脂も含まれます。優れた耐トラッキング性を持つこのNORYL NHP8000VT3樹脂により当シリーズはさらに多様化されました。これからの電気自動車電池の開発を支援するために、当社は絶縁材料求められるCTI PLC値および薄肉難燃性の基準を引き上げました。この新製品は、広範で深い技術知識と開発リソースによりイノベーションを積極的に推進する当社の姿勢の証です」と述べている。
 SABICのNORYL NHP8000VT3樹脂は世界のすべての地域で購入可能。