巴川製紙所は、環境関連を中心としたSDGsに貢献する「グリーンチップ」ブランド製品の開発、拡充を進めている。
 巴川製紙所のセルロースファイバー(CNF)複合樹脂「グリーンチップ® CMF®」を使用した古田化成の「Nogakel(ノガケル)」スプーンとフォークが東急ハンズ(一部店舗)で販売開始された。
 巴川製紙所の「グリーンチップ® CMF®」は、ポリプロピレン樹脂にCNFを配合した環境に配慮した材料。CNFを高配合しているため、石油由来樹脂の使用量を大きく削減することができる。

 古田化成は、プラスチック削減に貢献できるとして、CNFを50%以上配合した「グリーンチップ® CMF®」を採用し、スプーンとフォーク「Nogakel(ノガケル)」を開発した。
 ギフトショーや百貨店などのイベントに出展してきたが、この度、東急ハンズ(一部店舗)で販売が開始されました。食洗機でも洗え、繰り返し使うことができるスプーンとフォークのセット。

2022 07 05 tomoegawa

※日本古来の「野掛け」から「Nogakel(ノガケル)」
 野掛けとは、春秋ののどかな日にお弁当を持参して野山で行楽すること。ピクニックのようなもの。 

 近年、SDGsをはじめとする社会課題への取り組みが加速し、消費者の環境問題への意識も高まっている。今年4月には、深刻化する海洋プラスチックごみ問題や気候変動問題などへの対応を目的とした「プラスチック資源循環促進法」が施行された。
 環境に配慮した製品設計や製造をすることが求められ、コンビニエンスストアや飲食店などで提供されるスプーンやフォーク、ホテルのアメニティなど、使い捨てプラスチック製品の削減や提供方法の見直しも促進される。
 巴川製紙所では、「グリーンチップ® CMF®」を使用したタンブラーやお箸、お皿、雑貨などの開発も進めている。また、より多くの用途でご検討いただけるよう、ポリスチレンやポリエチレン、ゴム、エラストマー、生分解性樹脂などとセルロースファイバーの複合化開発も行なっている。

「グリーンチップ® CMF®」のについて
2022 07 05 tomoegawa3特長1 環境対応
・ポリプロピレン(PP)樹脂にCNFを配合(CNF70%まで配合可能)

・石油由来樹脂の使用量を削減
CNF51%以上配合の製品は紙と同様に可燃物として廃棄可能(自治体の分別排出ルールに従う)

特長2 高強度、高耐熱
CNF配合により強度・耐熱性を向上
・成形品の軽量化可能

特長3 射出成形性に優れる
・流動性を調整可能
・細かな形状も可能