塗工機研究会主催 オープンセミナー開催!

開催日:2022年3月1日(火)
時 間:13:30〜15:30(90分から120分)
形 式:Zoomによるオンライン開催
参加費:無料(要事前登録、日本国内関係者限定)
登 録:2022年2月25日 受付終了しました

 
【プログラム(予定)】
1. コンバーティング業界のグローバル化と開発環境-多様・画一化しないイノベーションを起こす-
 塗工機研究会 代表 津田 武明(金沢大学 先端科学・社会共創推進機構 特任教授)

【要旨】コンバーティング業界における新製品イノベーションは日本において活発に行われてきたが、太陽光発電、ディスプレイをはじめとするR&Dフェーズでは先頭を走りながら、本格製造のフェーズにおいてはグローバルビジネス競争の中で勝ち残ることはこれまで困難であった。蓄電池(リチウムイオン電池)は日本発のテクノロジーで、2050年カーボンニュートラル実現のカギとなる技術の1つとされる。自動車や他のモビリティの電動化においてバッテリーは最重要技術であるが、リチウムイオン電池のサプライチェーンはグローバル化しており、経済産業省は日本の蓄電池産業のサプライチェーン強化に乗り出している(蓄電池産業戦略検討官民協議会)。このような状況の中、材料・製造・サプライチェーンについての議論は喚起されているが、塗工機は電極材の製造コスト・性能・安全性を決定するキーファクターであるにもかかわらず、あまり議論されていない。オープンセミナーでは、過去のリチウムイオン電池塗布技術開発事例を総括し、今後の塗工機(電池製造に限らず)の強化に向けての研究会の役割について説明したい。

<プロフィール>
 1988/03 金沢大学 機械工学第2学科卒業
 1990/03 金沢大学大学院 修士課程 工学研究科 機械システム工学 修了
 1990/04-2012/08 大日本印刷株式会社 技術開発センター 生産総合研究所 部長 兼 主席研究員
 2003/09 新潟大学大学院 博士課程 自然科学研究科 材料生産システム 修了
 2003/09-2006/06 ミネソタ大学 化学工学科 客員研究員
 2012/09-2021/03 ダウ・東レ株式会社 研究開発部門応用技術1部 主幹
 2021/04- 現職


2. 幹事会社からのショートプレゼンテーション(各15分程度)

 <発表順>
 株式会社ヒラノテクシード 大森 克洋 氏
塗工機の発展~性能向上の次に~
【要旨】染色仕上げ向けから始まった日本のコンバーティング機械は、国内産業の変容に追従して、塗膜精度と生産性を高める機能を向上させ、電子部材加工、半導体領域へと発展を続けてきた。コンバーティング産業が、国内からグローバルへと舞台を移した今、日本の塗工機メーカーの課題について協議したい。
 
 株式会社テクノスマート 市川 太空美 氏
乾燥機のイノキンからテクノスマートへ
【要旨】始まりは熱交換器の製造でした。そして時代の流れと共にフローティングドライヤーメーカーに至り、今日は前後装置も含めた塗工乾燥熱処理装置メーカーへと成長しました。そして、塗工機研究会で何処に向かうべきなのかを考えていきたいと思います。
 
 富士機械工業株式会社 香川 修 氏
印刷機メーカー、富士機械の塗工機
【要旨】1951年創業以来、様々な製品を提供してきました。43年前、グラビア印刷機の生産を開始。金属印刷機やビジネスフォーム印刷機も手掛け、印刷機メーカーとして認知されるようになりました。塗工機は、その陰で少しずつ広まって、今では会社の基幹製品に成長しました。塗工機研究会で共通課題に取り組み、共に発展していきたいと思います。


3. 塗工機研究会について

4. Q&A

 

 申し込み要項

参加申し込みに際し、下記、ご留意ください。
本オープンセミナーは、基本、日本国内関係者に限定した企画です。
下記の方々には、組織・団体に属するか、個人であるかを問わず、参加をご遠慮願います。
外資系組織・団体に属する方々
日系企業に属する方々でも、日本以外でのビジネスに従事されている方々
コンサルタント業に従事されている方々
塗工機(ラインも含む)および塗工機(ラインも含む)構成部品・機器・システム等を海外から輸入し、日本国内で販売されている方々
報道メディアの方々
調査会社の方々
その他(コーティング事業に関係ない方々)

参加までの流れ
当日参加までの流れは次のようになります。
1. 仮登録(仮登録入力画面からお願いします)
2. その後、仮登録確認メールがお手元に届きます
3. 事務局で参加資格を確認し、本登録となります(少し時間を要します)
4. 本登録済の確認メールがお手元に届きます(少し時間を要します)
5. 2月25日(金)に、Zoom視聴参加用のURLをメールさせていただきます